どんな人にも得意・不得意があり、仕事をしていると挫折を味わうことがある。
ある人は交渉事が得意でミーティングやプレゼンは難なくこなしているが、一方で情報整理や課題の分析は苦手かもしれない。
地道な努力ができて専門分野の知識に長けていても、知識を他の人に分かりやすくアウトプットするのが下手なこともある。
短所があることは悪いことではないし大きな問題になることでもないため、ポジティブに捉えるのが大事である。
「あの時ああしていれば良かったと、クヨクヨ考えるのはやめよう」と思える心を持つことが大事だ。
過去に起きたことは変えられないので、今の自分の考え方や行動を見直すべきだろう。
過去から現在・未来へ視点を動かすことが、仕事で成長するための鉄則である。
時には頑張り過ぎてしまうこともあるだろう。
こうであるべきという考え方に縛られていると、自分の能力や体力以上に頑張ってしまうことがある。
等身大の自分が見えているか、やりすぎていないか、振り返ってみることが必要だ。
理想像には遠くても、ほどほどの自分を認め褒めてあげる時間を作るべきだろう。
心がもやもやしたりすっきりしないと感じたら、心のセルフケアが足りていないのかもしれない。
些細なことでも、今日やれたことを見つけて自分を褒めたり、好きなものや楽しいことを思い出すようにすると、モチベーションが上がってくるものだ。
心に向き合いリラックスする習慣をつけ、心のデトックスをすることが重要だろう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 心が折れそうになったら・・・. All Rights Reserved