人は、とかくリスクを避ける傾向にある。
損失回避は本能であり、また仕事での損失は当然避けるべきだ。
しかし自分自身の成長というものを考えた時、挫折を経験することは大事である。
人は打たれ強くなければ伸びないものであるからだ。
特に年齢を重ねてから挫折を経験すると、精神的なダメージが大きく立ち直るのに時間がかかってしまう。
若いうちにそのような経験を積んでおくことで、打たれ強さが磨かれる。
そのためには、リスクを恐れずにチャレンジする気持ちを持つことが大切だ。
自分にとって荷が重いと感じる仕事があれば、果敢に取り組むべきだろう。
その結果失敗したとしても、次に生かす経験につながる。
どうすれば上手くいったのかを考えるきっかけをつかめるからだ。
人は経験から学び成長するものなので、そのような経験を多く積むことが重要である。
当然そこには様々なリスクが潜んでいるし、立ち直れないような大きな挫折につながる失敗も待ち構えている。
しかし、それを恐れずに取り組む勇気が必要だ。
そのような経験を積んでいくことで、自然と危険を察知できるようになり、致命的な損失は避けられるだろう。
そしてさまざまなことに取り組むことで世界が広がり、リスクよりも大きな可能性をつかむことになる。
大きく成長できるきっかけは、自らの手で生み出すことができるはずだ。
しかし失敗を避けてチャレンジをしなければ活躍の場を狭めることになり、挫折の先にある可能性を見出すことはできないだろう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 心が折れそうになったら・・・. All Rights Reserved